CASE STUDY 実例のご紹介

飛行機の搭乗口の輸送

casestudy01

飛行機の搭乗口の輸送

飛行機搭乗口、我々では通称「PBB」と呼んでいる品物です。Plane Boardimg Bridgeの頭文字の略です。当社では各地の空港へ、多くの関係者の方にご協力をいただき、「PBB」を納めさせていただいています。飛行機の最終便が終わり、朝の始発便までに搬入するため、綿密な輸送計画の打ち合わせが必要です。「多くの方のお役に立つ」そんな品物を運ばせていただくのは当社の誇りです。

搭乗口トンネル輸送

飛行機用搭乗口と言っても様々な形状があります。空港と飛行機をつなぐトンネルも様々な形状があり、長さや材質も様々です。そのために特殊なトレーラーを用いて安全に輸送しています。

作業は夜間に行います

飛行機搭乗口(PBB)は空港において飛行機の最終便の運行が終わってからの作業スタートになります。朝の始発便までの時間に荷降ろし作業が行われます。全ての作業者と輸送車両、関係車両は空港内の許可申請並びに登録を行います。

搭乗口トンネル以外の部品もさまざま

飛行機の搭乗口の様々なパーツです。6~7分割にして輸送しています。

ピックアップ